11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

あわただしい年末

2013.12.24 (Tue)

葉牡丹とクリスマスツリーが入り乱れる中
仕事の追い込みをかける人々
あわただしくなってまいりました
Christmas
年末年始、ワンニャンたちが健やかに過ごせますように!
スポンサーサイト
23:07  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

英国風クリスマスプディング

2013.12.23 (Mon)

木の実やドライフルーツがザクザク入った、とてもリッチなテイストの
お手製英国風プディングをいただきました。
クリスマス プディング
どんな風に写すか考えて、考えて

写し終えたら、あっという間に食べてしまっていました。

熟成させると美味しいので、少しでも先延ばしにして食べるはずが

美味しそうに撮ろうとモニターを眺めているうちに待てなくなってしまったのです。
21:42  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

立毛筋とフケ

2013.12.19 (Thu)

私たちもワンニャンたちも、皮膚の下に立毛筋があり、収縮によって毛は垂直方向に立ち
周囲の毛孔部分が隆起するのです。

これがいわゆる鳥肌。

アドレナリン作動性の交感神経に支配されていて、寒冷やストレス、恐怖、驚きなど
情緒性ストレスでも収縮したり、体温上昇時においても立毛筋が収縮します。

ワンニャンの場合、急にフケが出たらこのことを思い出すと良いかもしれません。

長時間の移動、トリミングやお医者さんでの緊張、環境の変化など
急にフケが出る原因は、もともとあったフケが、ストレスで立毛筋が収縮して表面に出ることも多々あります。

2013-12-19

ところで先日、犬が迷子になると、ストレスでフケが沢山出て落ち、そのフケの匂いを辿って帰るという
面白い話を聞きました。

疑わしい話のような気がしなくもないですが、嗅覚の鋭い犬ならありそうですね。


フケを観察してストレスの目安にしてみるのも良いかもしれません。

19:14  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

その強さゆえ 

2013.12.16 (Mon)

犬具や犬種は輸入が歓迎されているが、植物となるとそうも行かない。

よく知られる外来種にセイタカアワダチソウや、ハルジオン(ハルジョオン)があり
どちらも日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。

ハルジオンは「貧乏草」と呼ばれ、「折ってはいけない。摘んだら貧乏になってしまう。」と
私が子供の頃には、近所に住む叔母がよく言ったものだ。

外来種を忌み嫌ってそんな言い伝えができたのかもしれない。

私の父は、「ハルジオンはとても強い草で、折ったり摘んだりすると根がどんどん強くなり
庭に蔓延って(はびこって)しまうので、注意を促すために貧乏草だから摘むなと
言われるようになったのだ。」と分析していた。

つまり、貧乏になりたくなければ(笑)、折ったり摘んだりしないで、抜けば良いのかもしれない。
hana

また、ハルジオンは空気の清浄なところだと花弁がムラサキがかると
聞いたことがあるけれど

私が子供の頃には、まさしくムラサキがかったものが多く見られた。
幸運なことに、私は空気がきれいなところで育まれたに違いない。

忌み嫌われるけれど、空気センサーみたいな植物であれば、悪いことばかりではないようだ。


そんなわけで、我が愛犬と散歩している時に、ハルジオンを見つけると
花弁がムラサキがかっているかどうかかならずチェックしてみる。

ムラサキがかった花弁のハルジオンが咲くようなところで、愛犬を散歩させてやりたいとも思う。

画像は季節外れに咲いていた白い花。
ハルジオンではないかもしれないが、思わず花弁を見てみた。

別名「貧乏草」という命名は強烈であり、一度聞けば忘れない。
でも、花にしてみれば、一生懸命咲いたところで「貧乏草」と言われたらたまったもんじゃない。

(人間の世界にもそういうことがあるかもなぁ。。。。)
などと、思いを馳せてみる今日このごろです。

01:31  |  植物  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

インターリンクの紹介

2013.12.15 (Sun)

ようこそ、「Inter Link の Naturally BLOG 」へ。

弊社は、1993年6月当初には犬具を扱う輸入会社としてスタートしました。
こちらの画像が、オフィシャルサイトのトップページです。

http://www.interlink-net.co.jp/index.html

interlink

オフィシャルサイトの表紙は、フランス。
モデルはエアデールテリアの男の子。

今からおでかけです!

15:06  |  Interlink インターリンクからお知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。